医療トラブルの証明の難しさと相談の重要性

医療トラブルの相談

「医療トラブル」という言葉は、新聞やテレビのニュースなどいろいろなメディアで目にします。「医療トラブル」ってなんだか特別なことで自分には全く関係のないことだと思っていませんか。 産まれてからいままで、一度も病院に行ったことがないという人はいないのでしょうか。予防接種や健康診断などの相談も受けたことはないですか。私は健康だから病院には行った記憶がない方も、ご家族や親族に入院や通院をされている方はいないでしょうか。今の日本において、ほとんどの人は、小さな診療所、大きな大学病院に関わらず、医療機関にお世話になっていると思います。私は、大病や大けがなど入院や手術はしたことがないと思っているのではないでしょうか。しかし、医療トラブルというのは、重大な病気や怪我などに関わらず、ちょっとした風邪や健康な人が受ける予防接種などでも起きうることなのです。いつ、あなたが医療トラブルに巻き込まれるかは誰にもわからないのです。では、もし医療トラブルが起きた場合、相談する人はいますか。私たち素人が相談に行ける相談所はどこでしょうか。

「医療トラブル」という言葉を聞くと、やはり損害賠償などもあるし裁判ということになるのなら弁護士に相談することになるのでしょうか。弁護士は何でもできる人というイメージがあるかもしれませんが、医療トラブルに関することというとやはりかなりの医療知識を持っていなければ、対処できません。そこで、お願いするのは専門の医療知識を持ち、実際に医療トラブルを担当したことのある経験豊富な弁護士です。話合いで解決すればそれにこしたことはありませんが、トラブルがあれば、裁判も長引く可能性もあります。たくさんの弁護士の中からあなたの案件にピッタリとあう弁護士を紹介してもらえる機関もあります。上手にシステムを使って医療トラブルからあなたやご家族を守ってください。

Menu