医療トラブルの証明の難しさと相談の重要性

記憶のアウトプット

「医療トラブル」と聞いて、思い浮かべることは何でしょうか。 よくドラマなどでみるような、人命にかかわるようなミスなどを思い浮かべる方も多いと思いますが、案外身近で医療トラブルが起こっている場合があると思います。 何か異変を感じたら、かかった病院へ相談することが第一ですが、その病院の対応に不満を感じた場合にはどうしたら良いのでしょうか。 第一にすべきことは、「記録を残す」ことです。 病院へかかる前の状況、病院での治療内容、投薬、体調の変化。 思いつくことがあれば、メモを取ることをお勧めします。 人間の記憶は曖昧なものです。 おかしいな、と思うことがあればその都度記録をし、必要な時に提示できるようにしておきましょう。

あなたに起きてしまった医療トラブルが、個人的解決で済まなそうな場合。 その時には、弁護士への依頼も頭に置いておくことが必要になるかもしれません。 先ほど述べた「記録を残す」ことが、ここでも重要なものになっていくと思います。 誰にも相談できず、病院も信用が出来ないため相談したくないといった時は、思い切って弁護士を探してみましょう。 弁護士に知り合いがいない場合、法テラス等の無料相談窓口へ連絡するのもひとつの方法です。 また、弁護士費用に関しても法律扶助制度というものもありますので、併せて相談してみるのもいいと思います。 医療トラブルは何事においても、早めの対応が鍵です。 カルテの保存期間も医師法によって5年と定められていますので、泣き寝入りにならないように、まずは連絡を入れてみましょう。

医療トラブルとはどういったものなのでしょうかと大部分の方は思われると思います。医療関係につきましては専門分野になりますので、医療に携わった方でないと、医療現場の中のついては全く分からない状態であります。少しおかしいかなと思われていても、知識がないためこれが普通なことだと勘違いしておられる方もおられると思います。おかしいと思い病院に再度伺っても難しい言葉を使われ、わからないままに納得して病院から帰ってくる方が多くおられると思います。医療トラブルとは、このようにわからないところで起こっている可能性がありますので、相談しようにも相談することが分からない事が多くあります。医療トラブルは、それだけ深刻な問題とも言えます。

医療トラブルとは昔からあることです。やはり専門医と言いましても手術や治療は人間が行うことなので、成功率は100パーセントと言う医療はまずないと思われます。このような状態なので、簡単な手術と言われても、患者にとっては初めてであれば心配になってしまいます。こうした点から、手術における目に見えない体内の事について、手術中も麻酔をかけて意識もないことから何もわからない形がほとんどです。相談で多いのが、患者からではなく内部告発によるものとなっています。医療トラブルは、患者とその関わった医者がどれだけ協力をしてくれるかという点につきます。医療トラブルの相談は、このような協力を得られる場合しか訴えることができないのが現状としてあります。

Menu