医療トラブルの証明の難しさと相談の重要性

専門の弁護士

医学や医療技術は飛躍的な進化を遂げていますが、それでも医療サービスを提供する医療機関と患者との間の医療トラブルは後を絶ちません。特に最近は医療機関側が医療ミスを隠蔽するという医療トラブルが増加しています。患者は医学や法律に関する専門知識を持たないため、医療トラブルが発生した場合はどうしても弱い立場となってしまいますが、こうしたトラブルが発生した時に泣き寝入りしないために利用できるのが弁護士相談サービスです。相談に乗ってくれる弁護士は医療の専門家ではありませんが、法律の専門家として医療トラブルの解決や医療機関側との賠償金交渉等を行ってくれるので、患者側には心強い味方となります。医療訴訟を専門分野とする弁護士も多いので、相談はしやすいです。

医療トラブルは発生していても医療機関側が事実を公表しないと中々明るみに出ないという特徴を持っています。例えば医療ミスによって患者さんが亡くなってしまうような場合でも、医療機関側がそのミスを認めなければ患者さんの体力が無かったために亡くなったという形で片付けられてしまう事もあるからです。最近はこのような医療機関側が事実を隠蔽する事件も増えているため、内部告発を推奨する制度や、医療機関側に公平な第三者機関を監視団体として設置するよう働きかける動きが出てきています。また被害を受けた患者のサポート体制の充実化も進められており、医療トラブルに関する無料相談サービスや、弁護士サービスなども登場してきています。

Menu